Pythonの求人って?仕事や案件はどんなものがあるの?

Pythonの需要というのはどのくらいあるのでしょうか。

日本ではそこまで馴染みのないイメージがありますが、Google三大言語の1つでもあります。
Facebookなどをはじめ、非常にメジャーなサイトでの事例が多くなってきています。

まだ言語としては比較的新しいですので、知名度が低いと思います。
しかし、Pythonでは規模の大きなものを作ることができる、という実績は高いのです。

知名度が上がれば今後も需要はもっと高くなっていくのではないでしょうか。
実際に、システム業界においてはPythonの経験者だけを求める企業も増えているのです。

Pythonの今後

GoogleやFacebookといった世界的にも有名なものを作り出した実績もあって、新しい言語であることから今後もどんどん発展する可能性があります。
つまり、将来性はかなり期待することができるといえるでしょう。

Pythonは一度書いたコードを変更することなく使用することができますし、たくさんのOSにおいて使用することができます。
つまり、同じプログラムでありながら直すこともなく色々な環境において使用することができます。
汎用性が極めて高いことも人気の理由です。

今後知名度が上がり、ユーザーが増えることで色々な状況における利用も考えられるのですが、今後どのようになるのかはまだまだ先が読めないといえます。

PythonはPerlなどに比較すると求人はある程度は見つけることができます。