SEの求人情報って?仕事の数や案件はどうなの?

システムエンジニアの需要というのはどこにあるのでしょうか。

システムエンジニアの需要というのは増加傾向にありますし、業種や案件数が増加しているので景気悪化などの影響からも仕事を選びにくかったり、転職したくても時間が無駄になってしまうからと冷めた考え方をしてしまうエンジニアも多いようです。

システムエンジニアは、経験年数の多い人であればそれだけ需要も高くなります。
具体的には10年以上という実務経験があるのであればベストなのですが、3年から5年程度であっても需要はあります。

未経験の場合にはどうなるのか、といえば、中途採用、転職者に向けての案件が大半です。
そのため、未経験の方は得意としている分野に絞ったり、エージェントに対して相談をしながら探してみるというのがよいかもしれません。

今後のSEの将来

システムエンジニアの数というのはかなり不足しているので、未経験の方にも大きなチャンスだといえます。
以前は中途採用がメインだったのですが、新卒や第二新卒での募集に関しても少しずつ増えてきています。

セキュリティエンジニアやWeb系エンジニアなどのスペシャリストを目指してるSEが増えてきています。
ではキャリアアップの可能性はあるのでしょうか。

システムエンジニアの将来性は、キャリアアップできるのかどうかによって大きく違いがでるといわれています。
しかし、実際にはネットワークやデータベースエンジニアになることもありますし、プロジェクトマネージャーになることができるのは半数程度です。